プラス薬局について About the pharmacy

  • HOME
  • プラス薬局について

地域の皆様が、安心して健康に暮らせるために、
質の高いサービスやアドバイスをご提供いたします。

地域のかかりつけ薬局の薬剤師として、健康や体の調子について、
気軽に相談でき、安心と癒しを与えられる存在でありたいと思っています。
もちろん薬だけに限らず、ちょっとした体の不調や、当社に置いている商品のことならなんでもお気軽にご相談ください。
薬剤師の役目として大切な調剤業務に、薬に関わることだけでなく、患者様の健康維持のための予防医療などのご提案と患者様の健康維持のための予防医療などのご提案や、居心地のよい、いつでも相談できる薬局としてのあり方を常に探究し、プラスしていきます。
また、「地域のかかりつけ薬局」という方針に基づき、地域の皆様に満足していただける薬局運営を目指しています。

常に身近な薬局であるために

常に身近な薬局であるために

患者様の服用するすべての薬剤について、常にご相談できる体制でのぞんでいます。薬歴のIT化も推し進め、個人情報にも配慮したセキュリティーを担保しながら、薬局の定休日や閉局時間でも患者様へのご質問に迅速にお答えしております。

必要であれば病院やクリニックにご連絡し、患者様の普段の状況をご説明いたします。

調剤監査システムの導入

調剤監査システムの導入

迅速に正確な調剤ができるように、ピッキングした薬剤の監査、計量する散剤の監査、一包化した薬剤の監査システムを導入し、ヒューマンエラーの防止に努めています。

漢方薬のカウンセリング

漢方薬のカウンセリング

医療の目的は「病気や怪我を治すこと」ですが、高齢化やストレスの多い現代社会では「体調を維持すること」も医療の重要な要素であると考えています。
更年期障害、慢性疼痛、不眠、便秘など、西洋医学で解決できないお悩みについて、適切な漢方薬のご提案をしています。

管理栄養士との協働による健康相談

管理栄養士との協働による健康相談

高齢化社会において、病気にならないように、病気が悪化しないように体調管理することは重要です。
プラス薬局では、管理栄養士が定期的に勤務し、薬剤師と協働しながら、来局される方々の健康維持やダイエットについて適正な食生活のアドバイスや支援を行っています。
また、薬剤師だけでなく管理栄養士も在宅訪問を実施しています。

プラス薬局の管理栄養士の活動

一般用医薬品の販売

一般用医薬品の販売

医療費適正化の中で、風邪、頭痛、発熱、軽い怪我などについては薬局で対応する、セルフメディケーションはさらに推進するでしょう。
プラス薬局では、小さな症状の中に重篤な疾患が潜んでいないかを念頭に置きながら、薬剤師が薬を選び、ご提案いたします。
薬剤師の目線で選んだ、サプリメントや敏感肌用の化粧品のカウンセリング、禁煙のご相談にも応じています。

介護相談、介護用品の販売

介護相談、介護用品の販売

介護のお悩みについて、プラス薬局では他職種と連携して行っている在宅医療の経験を活かしてご相談をお受けいたします。
介護申請はどこでできるのか、どのような介護用品を使ったらよいか、最期まで自宅で過ごしたいなど様々なご相談に対応できます。

健康状態の確認

健康状態の確認

プラス薬局には、身長、体重、握力、体組成、血圧、簡易的な心電図、ヘモグロビン値などが測定できる機器などが設置してあり、どなたでも自由に測定できます。健康維持には定期的な測定がおすすめです。
IDカードや活動量計を利用して、インターネット上に測定データを蓄積し、プリントアウトすることも可能です。
健康状態に応じた体操などもご提案しています。

「健康プラス教室」の実施

地域の方への発信

地域の方々にとって、身近な薬局を目指し「健康プラス教室」と称した定期的な健康教室を実施開催しています。
慢性疾患、季節に応じた内容や介護のお悩みについてなど、簡単な参加型のセミナー実施とともに、サルコペニア防止を目的とした体力測定も毎回実施しています。